映画『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ
sony pictures logo

ゴーストバスターズ

最新ニュース

2024.1.20

日本語吹替版声優 第一弾解禁!上白石萌歌、梶裕貴ら豪華声優陣の続投決定!
氷も溶かすホットな吹替声優陣がカムバック!!
喜びのコメントが到着!

1月20日、1年で最も寒い<大寒>の日を記念して解禁されたのは、前作に引き続き日本語吹替版を担当する声優陣。前作でファンの心を瞬く間に掴んだ新生ゴーストバスターズの中心的存在となったフィービー役(演:マッケナ・グレイス)を上白石萌歌、兄のトレヴァー役(フィン・ウルフハード)を梶裕貴(「僕のヒーローアカデミア」轟焦凍役)が演じるほか、2人のよき仲間となったポッドキャスト役(ローガン・キム)を高山みなみ(「名探偵コナン」江戸川コナン役)、共にゴーストに立ち向かう仲間となるラッキー役(セレステ・オコナー)を日笠陽子(「呪術廻戦」庵歌姫役)が担当。またフィービーとトレヴァーの母・キャリー役(キャリー・クーン)を朴璐美(「鋼の錬金術師」エドワード・エルリック役)、キャリーのパートナーでフィービー&トレヴァーの父親的存在のゲイリー役(ポール・ラッド)を木内秀信(『アントマン』スコット・ラング役)が演じる。

前作からの続投について上白石は「聡明でチャーミングなフィービーを再び演じさせていただけること、とても嬉しく思います。 さらにパワーアップして戻ってきたゴーストバスターズがどんな世界をみせてくれるのか、1ファンとしてワクワクしています」とシリーズへの愛たっぷりにコメント。続けて、本作の“夏が凍る”という設定にちなんで「史上最強ゴーストに凍えずに立ち向かえるよう、ハートをあつあつに燃やして挑みます」と気合たっぷり。梶は自身が演じるトレヴァーについて「ECTO-1を乗り回し、プロトンパックを扱う姿には、もはや初代メンバーのような貫禄が…!?」とゴーストバスターズとしての成長に期待。そして、「最高にクールなゴースト映画、3月29日(金)の公開をお楽しみに!!」と締めくくった。

さらに、新生ゴーストバスターズとともに未曾有の危機に挑む初代ゴーストバスターズの面々には、ピーター・ベンクマン役(ビル・マーレイ)を安原義人、レイ・スタンツ役(ダン・エイクロイド)を玄田哲章、ウィンストン・ゼドモア役(アーニー・ハドソン)に菅原正志、そしてジャニーン・メルニッツ役(アニー・ポッツ)には安達忍と、80年代公開のシリーズ1作目から吹替を担当するベテラン声優陣がカムバック。全てを一瞬で凍らせるパワーを持つシリーズ史上最強の敵が登場する本作だが、そんな最大のピンチにも負けないホットな豪華声優陣が再び勢揃いした日本語吹替版にも要注目!また後日には本作から登場する新キャストの声優発表も控えているため、続報にもご期待ください!!

<コメント>

上白石萌歌 (フィービー役)

前作に続きフィービー役を務めさせていただきます、上白石萌歌です。聡明でチャーミングなフィービーを再び演じさせていただけること、とても嬉しく思います。 さらにパワーアップして戻ってきたゴーストバスターズがどんな世界をみせてくれるのか、1ファンとしてワクワクしています。 史上最強ゴーストに凍えずに立ち向かえるよう、ハートをあつあつに燃やして挑みます。 どうぞおたのしみに!

梶裕貴 (トレヴァー役)

早くも新生『ゴーストバスターズ』が帰ってきます!もちろん、僕が声を担当させていただいたトレヴァーも登場しますよ!ECTO-1を乗り回し、プロトンパックを扱う姿には、もはや初代メンバーのような貫禄が…!?最高にクールなゴースト映画、3月29日(金)の公開をお楽しみに!!